アダルトチルドレンのタイプについて

本日はアダルトチルドレンのタイプと言う事でお話をさせていただきたいと思います。一概にアダルトチルドレンと言ってもその方々の育った環境によって色々なタイプがあります。そしてタイプによって対応の仕方も違って来ますので、しっかりと理解をしておかなけれないけませんね。
先ずは人とのコミニュケーションが取りにくい方のタイプです。この方達は幼少の時に自分の意見があっても親から抑えつけらたり、言う事が全て否定されてしまい本来あるべき表現の自由を奪われてしまって、そのまま育ってしまったタイプの方です。ですので対応としてはもし当人が何か意見を言った時は笑顔で接し、キチンと最後まで話を聞く事が大切です。そして最初のうちは否定をしない事です。否定をしてしまうと、この人も昔の親と一緒で自分の意見を受け入れてくれないんだ。と言う事で心を閉ざしてしまいます。
また、最初から心を閉ざしており当人からの発信がない場合は、いきなり話しかけないで先ずはあなた達のグループが楽しそうだなと言う雰囲気をかもし出しグループ全体的としての抵抗感を無くして行きます。その抵抗感が無くなってから、最初はお天気の話など難しい話ではなく、差し障りのない話をしてだんだんとコミニュケーションを取って行きます。そうして行く中で人への抵抗がなくなり組織に入って行ける様になるはずです。
次はいつもビクビクしてしまっているタイプの人です。この方達については成長過程で親から暴力や虐待を受けて育った人が多いです。実際、我々が暮らしている中では会社でも暴力を振るわれる事はほぼないに等しいですよね。もしあったらパワハラになってしまいます。でも軽く挨拶程度に肩を叩いただけでもビックリしてしまうので、くれぐれもボディータッチは控えて下さい。また周りで大きな声で口論があっても何か自分に被害が及ぶのではないか、暴力の前触れではないか、と昔の事を思い出させてしまうので、やはりこのケースの場合も暖かい雰囲気を醸し出す事が当人を安心させますので心がける様にしましょう。次は被害者意識が強く、全部自分が悪いのだと思い込んでいるタイプの場合です。この方達は幼少の時に親から怒られた時にその後のフォローが無かった事が考えられます。今となっては後の祭りですが、本来なら子供を怒る時は片方が怒ったら片方が何故怒られたのかをキチンと説明し、フォローをする。そうして親の愛情を伝えて行かないとダメなんですよね。ですのでこのタイプのアダルトチルドレンへの対応としては人の愛情を伝えて行く事。そうして行く中で何か問題が発生した時には被害者意識を強く持つのではなく、会社全体として解決をして行くんだと言う前向きな意識を持ってもらう様になると思います。
以上が主なアダルトチルドレンのタイプになります。最終的には社会人として皆さんと普通にお仕事をして行くのが目的ですので、タイプによって対応も違って来ますのでしっかりと把握しておきましょう。
26年間、アダルトチルドレンで苦しんだ男によるアダルトチルドレン専用・トラウマ除去プログラムすべての原因は「親」プロに頼む必要はゼロ。精神科医やセラピストも知らない、人間の原始的な心理に基づいた『ある方法』を5分間行うことで生きづらさをとり除き、アダルトチルドレンから回復する方法です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)