アダルトチルドレンの方の生きづらさについて

皆さんの周りにアダルトチルドレンの方はいませんか?またはあなた自身がそうだったりはしませんでしょうか?ちなみにアダルトチルドレンは世間であからさまになっている病気と診断されているものではなく、その人の症状や様子を指すので、当てはまる事があればもしかすると皆さんもそうかも知れません。
そしてこれは決して恥ずかしい事ではありませを。何故ならあなた自身の生き方の不祥事が原因でなった訳ではないからです。では何が原因かと言うとあなたが子供の頃に育ったご家庭の環境が大きく関係しているからです。
アダルトチルドレンの生きづらさとして、なかなか自分の意見を言えなかったり常に周りを気にして、更に気にし過ぎてしまう。または他人とのコミニュケーションが取りにくいなどの症状があります。この様な症状があると、お仕事の面でも上手く進まなかったり周りとの共存が出来なかったりして、社会生活が上手く送れませんよね。そしてそれは当の本人自体も分かっている事なのです。
ではここはからは原因と対策のお話しになりますが、そもそもどうしてアダルトチルドレンと言う人格形成が起きてしまうか?言いかえるとどうして世間で生きづらくなってしまう人格になってしまったのかと言うことですが、上に記載の通り皆さんが育った家庭環境が大きく左右します。皆さんは子供の頃、ご両親から叱られる時、お父様が怒ったらその後必ずお母様があなたをフォローし、どうして怒られたかの説明や、今後の対策についてお話しがあったり、お話の最後にギュッと抱きしめられたり怒られた後に親の愛情を感じていたでしょうか?
たまにあるのが両親が両方で怒ってしまい、何のフォローもない家です。これでは子供の心の中には悲しい気持ちや自分が悪いんだと言う気持ちしか残りません。後は親の虐待です。これは親が子供に手を挙げると言うことと間違えられやすいのですが、子供に直して欲しかったり、愛情があるからこそ、自分の心を鬼にして手を挙げることもあるかと思います。でもそういう人は必ず後から親のフォローがあるはずです。そして子供も理解をした上で先に進んで行く。この様なケースであれば良いのですが親のストレスを発散する為にましてや実の自分の子供に対して手を挙げる。しかも一度や二度ではなく一週間に何度も。これが親の虐待と言うものです。最近は件数が増えていて、ニュースに出ている件数も多いですね。昔、親から虐待を受けていた人に話を聞いたことがあるのですが、不思議と『あぁ、今日もやられるな』とか『そろそろ来るな』と言うのがインスピレーションとして分かるそうです。
虐待を受けた子供の心には一体何が残るでしょうか?例え家族との楽しい思い出があったとしても全てがかき消されてしまい、虐待された心のキズを背負ったまま大人になって行きます。上に2つの例を書きましたが、この様に親の愛情を受けずに育った子供達が成長し、社会に入った時、上司からちょっと注意をされただけでも、きっと昔を思い出してフラッシュバックしてしまうのでしょう。極端に萎縮してしまったり自分の意見が言えなくなってしまいます。
もし、周りにその様な症状の方がいらっしゃったら決して軽蔑をせずに、大きな愛情を持って接する事が大切です。
26年間、アダルトチルドレンで苦しんだ男によるアダルトチルドレン専用・トラウマ除去プログラムすべての原因は「親」プロに頼む必要はゼロ。精神科医やセラピストも知らない、人間の原始的な心理に基づいた『ある方法』を5分間行うことで生きづらさをとり除き、アダルトチルドレンから回復する方法です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)