ケア・テイカータイプのアダルトチルドレンの恋愛パターンは相手の都合にいつでも合わせることにより相手に安心感を与えられるように努める傾向がある。混乱した家族の中で安心感を与え支えることで自らを犠牲に…。

ケア・テイカータイプのアダルトチルドレンの恋愛パターンは相手の都合にいつでも合わせることにより相手に安心感を与えられるように努める傾向がある。混乱した家族の中で安心感を与え支えることで自らを犠牲に…。

ケア・テイカータイプのアダルトチルドレンの恋愛パターンは、相手の都合にいつでも合わせることにより、相手に安心感を与えられるように努める傾向があるとされます。混乱した家族の中で安心感を与え支えることで自らを犠牲にします。

ですので、自分の感情が自分でわからず、ケア・テイカータイプのアダルトチルドレンの人に「あなたはどう思ってるの?」と聞かれると頭が真っ白になることもあると言われます。

アメリカのビル・クリントン大統領は、自らがアダルトチルドレンであることを「グッド・ハウスキーピング」という女性誌のインタビューで告白しました。ビル・クリントン大統領はアルコール依存症の義父による暴力を振るわれる悪影響の環境で育ったことを語りました。

アメリカのビル・クリントン大統領はケア・テイカータイプのアダルトチルドレンだと言われているそうで、アダルトチルドレンだと自覚した初めての大統領です。

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by とーま

    アダルトチルドレンと一口に言っても様々なタイプがありますが、共通して言えるのは辛い思いをしてきたということではないでしょうか。
    また、ビル・クリントン氏は大統領という立場のある方ですから、カミングアウトすることでリスクもあると思います。
    しかしながら、ビル・クリントン氏のカミングアウトによって、アダルトチルドレンの方々への考え方が変わったり、アダルトチルドレンに苦しむ方々を救うことにもなるのではないでしょうか。
    勇気ある偉大な方だと感じました。

  2. by LV

    素晴らしい大統領ですね。

    自らアダルトチルドレンと告白するのに
    かなりの勇気がいったと思います。

    かなり苦しい人生だったのだと思いますが
    心から応援してあげたいです。

  3. by monopoly

    私も以前は、「相手の都合にいつでも合わせることにより、相手に安心感を与えられるように努める傾向がある」恋愛をしてきました。
    そうすることで、ある意味自分を守ってきたのだと思っています。
    自分の価値をそうすることで維持しようとしていました。
    しかし、そんな恋愛などうまくいくわけも無く、今の主人と出会ってからは変わることが出来ました。
    自分というものをちゃんと持つことの大切さを教えてくれたのが、主人でした。
    アダルトチルドレンということを自分で認め、なおかつ公表できることはとても凄いことだと思います。
    しかし、公表するしないに関わらず、自分で認め受け入れて、克服しようと努力されている方を私は尊敬します。

  4. by リコ

    まず「ケアテイカータイプ」という言葉を初めて耳にしました。世界のリーダーにもなれる人が認めるとは凄いと感じます。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)