アダルトチルドレン克服

悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

好きでアダルトチルドレンになったんじゃない、おそらく、アダルトチルドレンだと自覚した人はそう思うはずです。
アダルトチルドレンになった原因は大抵が育った環境にあるんです。
厳格で家庭を顧みることをしない父親、周囲の目を気にして子供に厳しく当たる母親。
こういった家庭環境からもアダルトチルドレンは誕生するわけです。
実際、こういった家庭は昔からよくあったようです。
というか、大抵の人がアダルトチルドレンの定義にぴったりとあってしまうからです。
だからといって大抵の人がアダルトチルドレンというわけではないんです。
アダルトチルドレンの解釈が微妙に人によって違ってくるわけなんですが。
とりあえず、そこは別の話になわけです。
結局、アダルトチルドレンで苦しんでいるのならそれを克服すればいいんですよ。
口にすれば簡単なことなんですが。
正直、そんなに簡単にいかないんです。
何故なら、アダルトチルドレンでは病名ではないですし。
アダルトチルドレンと呼ばれる人も自分が病人だとは思っていないでしょう。
だから、克服する方法も手探り状態になるわけです。
なんでも、アダルトチルドレンは、成長過程で身に付いた考え方が原因でなるからなんです。
ただ、アダルトチルドレンから抜け出したい。
今の現状をなんとかしたい。
こう考えている人は克服に意欲的になっているんです。
そういう人を対象としたサイトもネットを探せば沢山、あるんです。
で、克服するためにそういったサイトを参考にするはずです。
ここで、まず、克服するためには自分は何をすべきかなんです。
実際にアダルトチルドレンを克服できた人の話はためになります。
ですが、結局、自分は自分なわけなんです。
参考にはできても実践するわけにはいかないんです。
というか、「あの人はああだったから、」などと実践する人はないと思うんですが。
でも、アダルトチルドレンの克服方法を模索することはいい兆候なわけです。
というのも、いつまでもアダルトチルドレンでいたい人がいるわけないですからね。
アダルトチルドレンはその性質にって苦しみが続くんですから。
しかも、アダルトチルドレンの子はアダルトチルドレンになる確立が高いんです。
もし、貴方がアダルトチルドレンで子供がいたら……。
子供のためにもアダルトチルドレンを克服すべきです。
まず、克服する糸口は自分の考え方や捉え方の偏りを見つめ直すのが必要なんです。
そして、結局、「私はアダルトチルドレンだ」というのが受け入れるべきなんです。
克服するならここから始めるべきなんです。
そして、時間をかけて内面から変えていくように努力するわけです。
何故なら、アダルトチルドレンだということを受け入れることは過去の自分をうけいれることになるんですから。
過去には自分の負の記憶が詰まっているからです。
ですが、負の記憶を辿るのは確かに辛いことです。
でも、それもできないことではアダルトチルドレンを克服することはできないでしょう。
その点もしっかり考えておくべきです。
26年間、アダルトチルドレンで苦しんだ男によるアダルトチルドレン専用・トラウマ除去プログラムすべての原因は「親」プロに頼む必要はゼロ。精神科医やセラピストも知らない、人間の原始的な心理に基づいた『ある方法』を5分間行うことで生きづらさをとり除き、アダルトチルドレンから回復する方法です。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】です。

こちらは、虐待のトラウマを克服した専門カウンセラー岡田ユキさんという方が制作したマニュアルで、2898人以上の被虐体験者のトラウマを解消してきた方法です。

虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

【虐待根絶マニュアル】の特徴
●なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
●自分を虐待してきた家族への対処法がわかります!
●「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
●恋愛、夫婦、親子、上司部下などすべての人間関係が改善します!
●岡田式AC判別法により、自分に合った治療法がわかります!
●セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
●「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
●自分自身への罪悪感が消えて、人生が好転します!

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)