アダルトチルドレンの人への接し方

アダルトチルドレン改善マニュアル完全版
機能不全家族のルーツや謎まで踏み込んで作成された教材
アダルトチルドレンの人への接し方

今回は「アダルトチルドレンの人への接し方」についてお伝えしたいと思います。

アダルトチルドレンは病名ではない

まず「アダルトチルドレン」は「病名」ではありません。元々は、アメリカのアルコール依存症治療の中で生まれた用語です。

アダルトチルドレンの人は生き抜いてきた人

そして虐待等が常にある家族の中で育って、成人してもトラウマや生きづらさを抱えている人のことをアダルトチルドレンと言います。普通の温かい家庭で育つことが出来なかったので、成人してもトラウマや生きづらさを抱えているのは当然のことで、それどころか「よく生き延びてこれたね!」というくらい、強く生き抜いてきた人たちです。

理解が難しいアダルトチルドレン

アダルトチルドレンの人が育ってきた機能不全家庭、機能不全家族を経験していない人にとっては、理解が難しい、または理解が出来ないことです。理解が出来ない関係はトラブルの元です。それはアダルトチルドレンの人が悪いわけでもありませんし、もちろん、その相手が悪いわけでもありません。育ってきた環境の大きな違いによって理解できないことが自然なことです。

大事なことは、接し方に注意が必要だということ。

アダルトチルドレンの人への接し方

アダルトチルドレンの人は、何らかの虐待を受けてきた人です。それは肉体的な暴力や、心理的な虐待など様々で、共通しているのは「心に深い傷を抱えている」ということです。この心の深い傷は、傷を中心にして、関連したマイナス感情を増やそうとします。

例えば、親から愛情をもらうはずの子供の頃に虐待をされて育つと、「虐待」=「愛情」と無意識のうちにご認識を起こしているような状態となり、無意識のうちに「虐待されようとする」場合があるのです。よく親から暴力を振るわれて育った人が、暴力を振るうパートナーを選んで、暴力を振るわれるようなことを無意識のうちにしてしまうのも、心の深い傷の再現を無意識のうちにしようとするからです。これはとても重要なことです。

アダルトチルドレンの人が、自分の力でこの無意識レベルのご認識に向き合って修正していかないと、過去を再現しようとするのです。無意識のうちに。ですから、アダルトチルドレンの人は認知の歪みを修正していくことがとても重要なのです。心の新陳代謝、温故知新(故きを温ねて新しきを知る)、自分の心を更新すること、これが必要です。僕自身は、サヨナラ・モンスターで自分に向き合いました。

そんな心に深い傷を抱えているアダルトチルドレンの人への接し方において最も大事なことは「傷つけるなかれ」です。既に抱えている傷を大きくしないような接し方が大事なのです。1つ1つ丁寧に扱ってあげること、尊重してあげること、これが大事です。

それによって、アダルトチルドレンの人は傷が癒えやすく、しかも相手の誠実さから学ばせてもらえ、相手はアサーティブな関係を傷つく力が更に身に着く。

・アサーティブ
相手の気持ちを尊重しながら、自分の気持や意見等を、素直に表現

お互いにプラスにすることが出来ます。

アダルトチルドレンの人への接し方を詳しく知りたい人は、「アサーティブ・コミュニケーション」について勉強すると良いと思います。このコミュニケーションは、自分を傷つけず、相手のことも傷つけない素敵なコミュニケーションです。以下の本もおすすめです。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
価格:19,800円(税込)

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)