アダルトチルドレン克服

アダルトチルドレンは機能不全家族の元で「感情的虐待」などを受け育ったことによって、成人しても内心的なトラウマを持つといった考え方

アダルトチルドレンの回復方法について

本当の自分を感じるためには?
「効果も実証された方法をお試し下さい」

今日はアダルトチルドレンの回復方法と言う内容で記載をしてゆきます。でもそもそもアダルトチルドレンって何?と言う方もいるかと思いますので、最初にこの言葉の意味からご説明したいと思います。
アダルトチルドレンは病気ではありません。
社会生活の中で人とのコミニュケーションを取るのが苦手だったり、人から指摘された事が本人にとってはとても怒られたかの様に感じてしまい、自己嫌悪に陥ったり、相手に対して自分の意見があるにも関わらずなかなか言えなかったりと、この様な症状です。
次に回復方法を語る前に原因を突き止めなければなりません。これは人によっては昔の辛いことを思い出さないといけないかも知れませんので嫌になるかも知れませんが、回復をする為には避けられない事です。それではアダルトチルドレンの原因と考えられる事を挙げて行きます。
・昔、親から虐待を受けていませんでしたか?
・親から怒られた時、必ずフォローはありましたか?
・親の権威が強く自分の意見を言えない環境でしたか?
・よく他人と比べられましたか?
・親からギュっとされた思い出はありますか?どうでしょうか?思い当たる節はありますでしょうか?もしあなたの周りにアダルトチルドレンの方がいたらこの様な事があったのではないかなと、察してあげて下さい。お気づきの方もいたかも知れませんが全ての項目に親が絡んでいますね。全ては親の愛情を受けていたかと言うのがキーワードになります。
本来は幼児の頃に親の愛情の中で人の温かみを知ったり人との関わり合い方を学んだりするのですが、それがなかったのであれば大人になった時にアダルトチルドレンの症状に当てはまってしまうのも仕方がありませんね。では次に回復方法ですが、上記に記載の通り原因が成長期である幼児の頃に心に刻まれた事ですのでそう簡単には回復はしません。
一番大切な事は、人とのコミニュケーションが取れるようになる事です。これは受け入れ側の方達が当人の状況を良く理解しなければなりません。そして最終的なゴールは人の温かみを教えてあげる事です。何か当人に言いたい事がある場合、焦らせないでじっくりと待つ事です。そして幼少の時にやられてきた『押さえつけ』これは絶対にしてはいけません。最初は今日はどんな事があったかなどを当人から話してもらい、もしそれが出来るようになったら今度はあなたの方から簡単な質問をして行く。そうやってだんだんとコミニュケーションを計って行きます。こうした日常の会話がある程度出来るようになったら今度はだんだんとお仕事の会話もして行きます。前の工程であなたが質問をした事で当人に物事を考える力や、考えた事を自由に発言してもいいんだ、言う感覚を覚えてもらいます。これが出来ればお仕事の面でも周りとのコミニュケーションが取れる様になり、会話ができ、意見を言う事ができる様になります。
くれぐれも当人に昔の事を思い出させない様にする事。そして周りが理解をして気長に取り組むことが大切です。
26年間、アダルトチルドレンで苦しんだ男によるアダルトチルドレン専用・トラウマ除去プログラムすべての原因は「親」プロに頼む必要はゼロ。精神科医やセラピストも知らない、人間の原始的な心理に基づいた『ある方法』を5分間行うことで生きづらさをとり除き、アダルトチルドレンから回復する方法です。

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、生きづらさを抱え、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。

そう、自分を信じることが出来ないからですよね。僕もそうでした。だからこそわかったのです。大切なことは「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることだということが。

アダルトチルドレンを克服するということは、まず回復して、その後に「本当の自分を取り戻す」ということなのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。

催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

続きを購読

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)