アダルトチルドレンの人の特徴として「自分に対する過剰なまでの自信のなさ」があります。

悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

アダルトチルドレンの人の特徴として「自分に対する過剰なまでの自信のなさ」があります。

アダルトチルドレンの人の特徴として「自分に対する過剰なまでの自信のなさ」があります。また、自分自身を認めて、ありのままの自分を受け入れることが出来ません。さらに、対人関係においても自信がないため、相手の顔色を伺い相手の反応を過剰に気にする傾向があります

こうした特徴の背景にあるのは「敏感さ」や「高い感受性」です。これを悪く言う人もいますが、それはその人の思い込みです。実際に、敏感さや高い感受性を持つ「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の人もそうですが、敏感さや高い感受性によって生き延びてこれたのです。それは「素晴らしい能力」です。エレイン・N・アーロン博士はこのことを「生物の2割に備わる生存戦略」だと言われています。人間以外の生物も2割は生存戦略のために敏感な気質だそうです。

ただ、アダルトチルドレンの人は、今まではそういった能力を「生き延びるため」に使ってきた。その結果、自分と他人の境界線が曖昧で他人の影響を受けやすくなっているのです。機能不全家庭で生き延びるには敏感さや高い感受性が必要なのです。それによって自分は救われてきたのです。

機能不全家庭で生き延びるに敏感さや高い感受性が必要だったけど、他人からの悪影響も受けやすい特徴があります。そこで必要になるのが「明確な区別」です。この区別を身に付けていけば他人の悪影響を受けずに敏感さや高い感受性を能力として活用できるのです。

他人と自分を区別して、他人の苦しみや問題を背負う必要はないのです。そして、自分を大切にしていくために自分の「表現」を大切にして下さい。

自分自身で自分を否定したら、当然、自分が自分を信じてくれることはありません。自分の敏感さや高い感受性を否定してしまうのは可哀想です。現状の自分を認めて受け入れてあげることが大切です。そうすると心の中の自分は安心してくれますよ。

 

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】です。

こちらは、虐待のトラウマを克服した専門カウンセラー岡田ユキさんという方が制作したマニュアルで、2898人以上の被虐体験者のトラウマを解消してきた方法です。

虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

【虐待根絶マニュアル】の特徴
●なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
●自分を虐待してきた家族への対処法がわかります!
●「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
●恋愛、夫婦、親子、上司部下などすべての人間関係が改善します!
●岡田式AC判別法により、自分に合った治療法がわかります!
●セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
●「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
●自分自身への罪悪感が消えて、人生が好転します!

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)