アダルトチルドレン克服

アダルトチルドレンは機能不全家族の元で「感情的虐待」などを受け育ったことによって、成人しても内心的なトラウマを持つといった考え方

アダルトチルドレンの悲しい特徴…。そして「自分に自信がない」「他人を信頼できない」など常に生きづらさを感じて生きている人へ

プラス感情トレーニング「emotion plus」
プラス思考になるための簡単なメールトレーニングです。
「料金はいくらでしょうか?」
「いいえ、お金は一銭も頂きません。」
(笑ゥせぇるすまんではありません 笑)
アダルトチルドレンの悲しい特徴…。そして「自分に自信がない」「他人を信頼できない」など常に生きづらさを感じて生きている人へ

アダルトチルドレン(Adult Children)とは、「機能不全家庭で育ったことにより、成人してもなお内心的なトラウマを持つ」という考え方、現象、または人のことを指す。

引用元:アダルトチルドレン – Wikipedia

子供時代に子供らしく育っていない

アダルトチルドレンの人は「自分に自信がない」「他人を信頼できない」「ナメラレ体質」など、生きづらさに繋がる様々な特徴があります。

アダルトチルドレンの人は機能不全家庭の中で機能不全家族に囲まれて育ち、子供らしい成長が出来ないまま大人になり、生きづらさを抱えて生きている人たちです。

機能不全家族(きのうふぜんかぞく、英:Dysfunctional Family)とは、家庭内に対立や不法行為、身体的虐待、性的虐待、心理的虐待、ネグレクト等が恒常的に存在する家庭を指す。機能不全家庭(きのうふぜんかてい)とも称され、その状態を家庭崩壊(かていほうかい)、もしくは家族崩壊(かぞくほうかい)と言われている(英語ではfamily breakdownと表記されている)。

引用元:機能不全家族 – Wikipedia

このような機能不全家族に囲まれて育つしかない環境では子供が子供らしく育っていける可能性は非常に低いかと思われます。必ずとは言えませんが、こういった環境で子供らしく育つというのは非常に難しいことだと思います。

子供時代に子供らしく育っていないので、とても辛い思いをしてきた人が多いのです。子供時代に子供らしく育てられなかったことに罪はありますか。

ありません。

それでもアダルトチルドレンの人を見下して存在が罪だというのならば、ハッキリ言いましょう。そう思っている”あなたこそ”が「地獄の底に真っ逆さまに落ちていくであろう罪人ではないだろうか…」と。

そして前世の所為にしている者たちからすれば「子供であっても前世の行いの所為だ!」と言いたくもなるでしょう。

・・・

有難いことですよね。自分たちの心理的な虐待を「前世の概念」によって隠蔽してもらえる反省する時間を頂けたことが。意味わかりますか。親が子を巧妙に追い詰める。その結果が出てくる。それを前世の行いの所為にしてもらえるということは責任を”一時預かり”してもらっていただけなんですよ。

前世の所為にすれば、親の心理的な虐待を所為にしている間だけ無かったことにしてもらえる。何故か。猶予期間だからです。

その間に自分で気づいて反省することが必要だけど、いつまでも自分の問題に向き合わず他人の問題ばかりを見て「前世の行いの所為」と誤魔化す者が多いから前世の所為には出来なくしちゃうことが大事になってくるのです。

その1つがモラルハラスメント。そして毒親、心理的な虐待、ハラスメントなどに人が騒ぎ出すこと。そうすれば「前世の行いの所為」にしていた者が明るみに出てきます。今は、少しずつ厳しく追及され出している時です。

現実を直視させると苦しいから、少しずつ反省し改善するための優しさある概念が前世です。アダルトチルドレンの子たちを虐待してきた人は自分の傷も癒して反省も必要になってきます。

あの世論理は「責任の一時預かり」です。あの世論理によって心理的な虐待をしていたことを明らかにしないでもらえていたのです。繋がりが明確ではない場合「前世の行いの所為」と決めつけることが出来るのです。そうすれば毒親は楽になった気がするのです。

仮に100歩譲って本当に前世の行いの所為だったとしたら、それは前世の事実確認が出来るまでは「わからないこと」ですよね。確認できないことを確実にあるいうのは妄想のようなものです。妄想では話になりません。なので「もしかしたら前世があって、前世の行いの所為で今起きていることもあるかもね」というのなら可能性としてはあるかもしれない話ですよね。

なので、何でもかんでも「子供であっても前世の行いの所為だ!」と決めつけて逃げるのはよくないと思います。

親の不始末を子供の所為にするために「前世の行いの所為」を持ち出す者もいるのです。前世は「事実確認」の出来ない想像上の領域です。事実確認が出来ないということは言い換えれば「何でもあり」の世界なのです。言ったもの勝ちの世界があの世。それを悪用するのはよくない。良い利用をしないと。

僕は小さいころにおねしょをした。そしたら前世罪人だからおねしょをすると言われ続けた。他にも、3歳くらいの時にある宗教の集まりの場でおしっこをしたから罰があたった。とも言われていた。

それが潜在意識(無意識)への刷り込みになり小学5、6年までおねしょが止まらなかった。そして13歳、親から逃げたらピタッとおねしょが止まりました。

だから逆なんです。先に刷り込みがあるのです。子供はその刷り込み通りになりやすい。子供であればあるほど潜在意識(無意識)100%に近いから影響も受けやすいのです。だから親を心から拒否し出して親から逃げたら暗示が解けたのです。「お前はおねしょをする」という強烈な暗示。暗示をかけた者を全否定し逃げたら解けたのです。

機能不全家庭では「あの世論理」を悪用する場合もあるので書いておきました。

常に緊張感ある中で育った

心の苦しさや社会に適応出来ないなどの生きづらさから心の病気になる可能性はありますが、アダルトチルドレンという言葉は「病気を指す言葉ではない」のですが、勘違いをしている方もいますので、勘違いしている方はこの機会に修正すると良いです。アダルトチルドレンの意味は記事の上部で書いたとおりです。

アダルトチルドレンの人は、自由で伸び伸びと子供が子供らしくいれる環境を与えられず、常に緊張感のある中で親に甘えることもできずに子供時代を過ごしていることが多いのです。本来ならば楽しんでもよい出来事などに対して積極的に取り組むことを躊躇してしまったり、抑圧され自らの感情を押し殺してしまい素直な本音を表現できなかったりするために自分の人生を前向きに考えられず絶望感を感じてしまうこともあります。

そのため、自分の人生なのに他人事のように思い、何にも興味や関心を持てなくなるということもあります。常に生きづらさを感じている状態です。そんな、スタートが厳しい状態から始まった勇気ある人がアダルトチルドレンの人たちです。

大事なことは、傷ついたままじゃいけない。

自分の人生を歩みだす」ことです。

 

もう二度とナメられ体質悔しい思いをしたくないなら
自分の人生を歩みだすための回復のステップ
アダルトチルドレン専用!癒しと回復キット
セルフスタディ(自己学習)キット

勘違いされて二次的に傷つく

アダルトチルドレンというと「子供のまま大人になった人」「大人になりきれない人」などといったイメージを持たれやすく勘違いされていることもあります。理解無き人たちの言葉が深く心に刺さったり心が抉られるような思いになることもあると思います。

だけど、それは仕方ない部分もあります。何故ならアダルトチルドレンの人のような悲しい環境で過ごしていなければ理解は難しいからです。

例えば最初から最後まで温室育ちだと、温室以外は理解できなくて当たり前ですよね。それと似たようなものです。なので理解無き人たちの言葉で傷つくこともあるかと思いますがお互いに育った環境が違えば理解は出来ないものですのでこのことを受け入れたら理解されなくても「あの人が理解できなくても当たり前」と思えて楽になるかもしれません。

相手には相手の育った環境があり、理解が出来ないことが自然なことなのです。理解は本当に難しいのです。人は自分でのことでさえ中々理解できないものですから他人なら尚更理解は難しいのです。理解は難しくて当たり前だとわかれば勘違いされて二次的に傷つくことも減らせるかと思います。

自分を認める事が出来ずに過小評価する

アダルトチルドレンの人は、子供の頃に親や周囲の人に認めてもらったり褒めてもらったりした経験が少ないために、自分のことを「過小評価(実際よりも低く評価)」し、自信がもてない状態になっています。また、他人から認めてもらったとしても素直に喜ぶことができません。他人も自分を信じて認めることができなくなっているのです。

そうなって当然です。

「過小評価」は「認知の歪み」の10パターンのうちの1つでもあります。こういった考え方の癖が自分を苦しめるので、修正していくことが必要だと覚えておいてください。「拡大解釈」でもなく「過小評価」でもなく現実的な視点でバランスよく自分を見ましょう。良いところはいっぱいあるんです。見方を変えれば気が付きます。

あなたを「過小評価(実際よりも低く評価)」した人の価値観で、あなた自身が、自分を見ているのです。それが取れてくればちゃんと自分を大切に思える時が来ます。大丈夫です。僕も同じでしたので。ちゃんと人は変われます。

認知の歪みによって「あがり症」になることもあります。

自分への批判と他人への批判の連鎖を断ち切る

アダルトチルドレンの人は、子供の頃に親から「不当な批判(筋の通らない誹謗中傷など)」をされていたことが多いため、自分のことを不当に批判する傾向が強い場合があります。

そのため、他人に対しても不当に批判してしまいがちになるのです。批判の連鎖です。それでは人間関係も上手くいかなくなりますよね。こういった考え方の癖を受け継いでいることがありますので、新しい考え方をしていきましょう。

あなたが不当な批判の連鎖を断ち切るのです。「不当な批判(筋の通らない誹謗中傷など)」は人を傷つけます。それをやめる決心をするのです。自分もされてきた。辛かった。悲しかった。だからやめる。

見捨てられ不安が強い

アダルトチルドレンの人は、子供の頃、家にいつも親がいなかったり、親がいても自分に関心がない状態で精神的に見捨てられていたりした場合があります。

不安が強い中で育つと、大人になっても「自分はいつか見捨てられるのでは?」「この人は自分を見捨てるだろうか?」などと常に見捨てられることへの不安を感じています。見捨てられないために一生懸命相手に尽くそうとしたり、自分を取り繕ったりします。

そして、相手に利用されることもあります。

また、相手が見捨てないかどうかを試すような行動をとることもあります。時に相手に対して罪悪感を与え、相手が自分から離れていかないように心を支配しようとすることもあります。自分が見捨てられてしまうかもという子供の頃の心の傷が原因で相手を支配しようとするのです。

大事なことは自分が自分を見捨てないと決めることです。心の中の自分に「どんなことがあっても味方だよ」と本気で伝えてあげましょう。何度でも何度でも伝えてあげて下さい。心の中の小さなあなたがそれを待っています。

何でも白黒つけてしまう白黒思考

アダルトチルドレンの人は様々な出来事に対して白か黒かという極端な思考で物事を考えてしまう傾向にあります。どちらでもない考えをすることが難しいのです。子供の頃、親に表現することや感情を抑圧されてしまったために幅広いものの見方や考え方ができなくなっているのです。当然ですよね。

僕自身、実は見ている世界がモノクロのようなものでしたので、白か黒だけでみてしまうのはよくわかります。だけど実際は白か黒だけではなく色鮮やかなたくさんの色(たくさんの人の個性)があります。少しずつ自分の感情を育てていきましょう。本当の自分を取り戻していけば、たくさんの色(たくさんの人の個性)を認めて受け入れていけるようになっていきます。

世の中には、白も、黒も、赤も、青も、黄色も、いろんな色があるから成り立つのです。自分にとって「悪(黒)」でもそれは世の中にとっては必要だから存在しているのです。そのことが理解できると楽になります。

あぁ、嫌いだったあれも必要だったんだ。「自分は嫌いだから離れればいいんだ!」と思えるようになれば、すごく楽になります。嫌いな存在なのに離れられない。それでは答えは出ませんよね。嫌なら離れたらいいのです。離れられない理由があるのなら離れることが出来る方法を見つけていくと良いのです。

あなた表現が傷を癒す

先ほど「子供の頃、親に表現することや感情を抑圧されてしまったために出来事に対して白か黒かという極端な思考で物事を考えてしまう傾向にあります。」ということをお伝えしました。

そして、以下のツイートを読んでみて下さい。

 

そう、感情や表現を抑圧されたあなたの心の奥で「表現したい!」という何かが眠っているのではないでしょうか。傷ついた人たちは、音楽、文章、絵、色々な形で自分を表現していきます。つまり「傷」と「表現」か1セットになっているのです。

このことが分かってくると「傷ついたことは決して無駄にはならない」と思える気がしませんか。あなたの「傷」を核として、その周りには様々な感情が纏まっています。それを表現していくことで整い、それが「表現力を高める」ことに繋がり、その先に”あなたらしい何か”があるはずです。

完璧主義

子供の頃から親に「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから、しっかりしなさい!」「こんなこともできないのか!」「100点じゃないと意味がない!」「クラスで1番になれ!2番は最下位と同じだ!」などと言われて育つと、完璧でなければ認めてもらえないのだと幼心に子供は思いやすいです。

親の期待に応えるために、出来もしないことでも完璧にやらなければいけないのだという完璧主義になりがちです。親が教えもしないのに何も知らない子供に対して完璧を求めた結果なのです。大人になっても常に完璧にできているだろうか?と不安になり、達成感を感じられません。

大事なのは「完璧」ではありません。その「過程を楽しむ」ことです。

楽しむことに対する罪悪感

子供の頃に子供らしく遊ぶことができなかったり、「親が苦労しているのにお前は遊んで…」などと親から言われて育つと、楽しむことはダメなことだという間違った認識をしてしまいます。

そのため、楽しむ経験が非常に少なく楽しむことが何なのかよく分からなくなるのです。自分が楽しくすることは迷惑行為であり、楽しんではいけないのだと楽しむ自分に対して罪悪感を持ってしまい人生そのものも楽しめなくなってしまうのです。

あなたは、あなた自身を楽しくしてあげることが大切なのです。

自分が自分でないような離人感がある

子供の頃から感情や行動など全てを抑圧された環境だったために、自分が何者なのか分からない・自分が自分でないような感じがするなどの離人感を感じることもあります。

抑圧され、親の考えや価値観で生きてきたために自分の本当の気持ちが封印され分からなくなっている状態なのです。他人の意見や感情に左右されてしまいがちです。

だからこそ「本当の自分」を取り戻す必要があるのです。ゆっくり1歩ずつ本当の自分に近づいていきましょう。

過剰な責任感

人に嫌われたくないという強い思いから頼まれごとをされると断れなくなり引き受けてしまいますが、自分から人に何かを頼むことができません。頼みごとをしようとすることに、とても躊躇してしまうのです。人から頼まれたことに対する過剰な責任感があり、自分がやらなければいけないと使命感のようにも感じてしまいます。

そして、その責任感がプレッシャーとなり自分自身を追い詰めてしまうこともあります。機能不全家族の中で、生きるために自分に与えられた役割を忠実に全うしなければいけなかったことが過剰な責任感の背景に隠されています。

何事にも自己を関連づけてしまう

人が笑っていると自分のことを笑われているのでは?人が何かを話していると自分のことを言われているのかも?などと人の目を過剰に意識して自分が嫌われることに恐怖を感じています。機能不全家庭でそういったことがあったのであれば外部の目もそう見えてしまうのは当然ですよね。

嫌われないために、何かあれば自分の責任だ・自分のせいだと身の回りで起こった出来事は全て自分が悪いんだと自己に関連づけてしまう傾向があります。

それほど傷ついてきたということです。当然です。それで自分を守っていたのかもしれません。

嘘をついてしまう

本当のことを言ったほうが楽に生きられるのに、無意識的に嘘をついてしまいます。感情を抑圧され、自分の気持ちを表現することが苦手なために素直な表現ができないのです。子供の頃の心の傷から自分自身がこれ以上傷つかないために、防衛として嘘をつくことがあるのです。

ここに挙げた特徴以外にもアダルトチルドレンの特徴は多くあります。また、育った環境や性格などでも特徴に違いがあるため、すべてのアダルトチルドレンの特徴に当てはまるとはかぎりません。しかし、少しでも自分に似たような所があると思ったらアダルトチルドレンの可能性もあります。

自分が自分の親になることが必要

アダルトチルドレンを克服していくには「自分が自分の親になる」ことが必要です。親は、子が精神的自立が出来るようになるために時には守ってあげることも必要な存在です。守りながら闘い方を教えるのも親の役目です。その親が機能不全家庭では機能していなかった。だからアダルトチルドレンの苦しみになるのです。

待っていても来ないなら「自分が自分の親になる」しかないのです。不当な攻撃や嫌がらせを受けたら闘うことも大切です。以下のツイート文を読んで下さい。

 

不当な攻撃や嫌がらせを受けたままでいてはいけないのです。

このように自分への不当な攻撃や嫌がらせに対して「行動を起こす」ことで自分が自分の親になっていけるのです。自分が自分の親になるということは「本当の自分を取り戻す」ということです。本当の自分を取り戻すということはアダルトチルドレンの克服を意味するのです。

その為にはまずは「安全の確保」が必要です。安全な環境を手に入れてから1つずつ進めていくのです。

アダルトチルドレンからの回復

アダルトチルドレンの傷を回復させていくには「セルフケア」の方法を身に付けることも大切です。傷を増やしたり傷を蓄積させない為にも学ぶことが大事です。

アダルトチルドレンから回復していくためには、「安全性の確保」が絶対必要です。私自身もアダルトチルドレンから回復していくために「安全性の確保」があったから回復できたと今でも思います。「安全性の確保」をしないまま「トラウマ(心の傷)の表現や再現」をしたらどうなるか?誰かによって深く傷つけられてしまうかもしれません。

ですので「回復のプロセス」は大切なことです。アダルトチルドレンの傷を回復していくには、適当にやると悪化する可能性があるので、しっかりと回復のプロセスを踏んで回復していってください。

安全を確保してから、自分の問題をしっかり認識します。そして、心の傷を表現し、再現し、対処法を身に付けて、思考や行動を修正していくのです。

素直に親などを信じた結果、歪んだ価値観を刷り込まれ、その価値観がナメられ体質になって、そして今度は大人になり切れない子供と見下され、理解のされない悔しい思いをした人は沢山いるはずです。二度とナメられない為に出来ることは自分を自分で成長させていく事です。

そしてセルフケアも出来るようになり、ありのままの自分を取り戻すことです。それが本当の自分と繋がるということです。

そして、本当に出会うべきして出会うパートナーに出会い、幸せになることです。

虐待のトラウマを解消する方法

虐待のトラウマを解消する方法は、実際に虐待のトラウマを乗り越えた虐待専門カウンセラーの「虐待根絶マニュアル」を試して下さい。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】です。

こちらは、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんという方が制作したマニュアルで、2898人以上の被虐体験者のトラウマを解消してきた方法です。

虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

虐待専門カウンセラー岡田ユキさんは、虐待のトラウマを克服した専門カウンセラーです。

【虐待根絶マニュアル】の特徴
●なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
●自分を虐待してきた家族への対処法がわかります!
●「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
●恋愛、夫婦、親子、上司部下などすべての人間関係が改善します!
●岡田式AC判別法により、自分に合った治療法がわかります!
●セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
●「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
●自分自身への罪悪感が消えて、人生が好転します!

【サポート体制も万全】
ご購入された方は、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんの個別のメールカウンセリングでのサポートを60日間回数無制限で受けることができます。

更に、対面カウンセリングをしてほしいと方は、通常20,000円いただいている対面でのカウンセリング(2時間)を 5,000円値引きの15,000円で受けることができます。

サポートも充実しています!

この記事は良かったですか?

0
(最終更新:2017年12月5日)

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私もアダルトチルドレンです。

    ずっと、前世(子供が親を選んで生まれてきた)と言う考え方(を事実として前提とする事に)傷ついたり疑問に感じていました。事実かどうか解らない(確かめようもない)事は、そうかもしれないし、そうでないかもしれない、というスタンスがフェアだと私も思います。

    子育てに不安を感じている妊婦さんやつい自分を責めて苦しんでしまう方には両者(親子)にとって幸せになる考え方だと思いますが、親からの虐待で苦しんでいる人とっては(自分で選んだ親なのだから虐待も自己責任と)かえって追い詰めてしまう危険性もありますね。内省する余裕がない責任転嫁が癖になっている人から逆利用される危険性も大いにあり得ると私も思います。

    ずっと疑問に思っていた事が、私だけではなかったのだと、こちらのコラムを拝見して胸のつっかえが取れたようでスッキリしました。

    (~に違いない)臆測と(そうあって欲しい)願望と事実を分けて考える習慣、私も実践しています。詐欺(カルト教祖)が嫌うのも納得です。いつも為になるコラムをありがとうございます。いつも勇気づけられています。

    • そうですよね。そういった危険性もあるなぁと読んでいて思いました。
      同じような考えをされている方からのコメントよかったです(*^-^*)

      疑問が解消されてようで、こちらも嬉しく思います。
      憶測や、事実を分けるというのはよいことですよね。

      人の心を支配する者は前世を悪用することもありますので、
      前世はないという話を嫌う場合もあるかと思います。

      そこはあまり触れないほうが良いそうですが…。

      「墓場利権」が絡んでいるから、
      嫌なことを言われる原因になったりする場合もあると聞きました。
      墓場利権においては前世や先祖の苦しみが必要になるからだそうです。

      ただ、それが必ずしも悪いとかいうわけではなく、
      人を救う結果にもなっている面もあると思います。
      悪用すれば悪い結果に繋がるということだと思います。

      ですので、「墓場利権」には触れずに「個人的なこと」のみで書いています。
      実際に前世があるのかないのか。それはわからないことだから、
      自分の自由に思ってもよいのだと思っています。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)