アダルトチルドレンとトラウマ

機能不全家族で育つと成人しても内心的なトラウマを持ちやすいのです。

引用元:アダルトチルドレンを生み出す機能不全家族!回復には理解!「幸せになる為に生きていいんだよ!」と自分で自分に言ってあげて下さい。

こんにちはれいちぇるです。
上記の通り機能不全家族の元育った子はやはりそれぞれ人に見せたくない一面や人に知られたくない過去(トラウマ)を持った人が多いです。
そうゆう人をアダルトチルドレンと言うそうです。

てはまず機能不全家族とは何かと言う事ですが
文字通り家族としての機能が不完全な家族の事。

例えばお父さんがアルコール依存症で仕事もせず毎日家で酒飲んで暴れる。
お母さんがお父さんの留守中に男を連れ込み不倫。
夫婦でギャンブル漬けの毎日で毎日家で1人
八つ当たりで殴られる。
などなど
一言で言えば肉体的虐待及び精神的虐待が入り乱れる家庭環境。
それが機能不全家族です。
そこで育った人はやはり特徴的な方が多いです。

僕の周りにも結構居ます。

友達の話ですが
彼も機能不全家族の元過ごした過去を持ってます。
その子は二個上の兄貴と母親、父親の四人家族でした。
その子が小学3年生。兄貴が小学5年生になった時に母親が男作って出て行ったそうです。
もちろんすぐに離婚になったそうで、それから父親が荒れ始めたそうです。
仕事も行かずに毎日家で酒を飲んでいたそうです。
結婚してる時は父親が酒を飲んでる姿なんか見た事無かったからびっくりしたのを今でも覚えてると話してました。

家庭的に貧乏では無かったらしくとりあえずは普通の生活が出来てたそうですが働かず毎日家で酒を飲んでる父親と育ち盛りの子供2人です、出費もそれなりに大きく進級してその子が4年生になる頃には父親の金が無いと言う言葉を毎日聞かされてたそうです。
そんなある日その子が家に帰ると父親に兄貴がボコボコに殴られてたそうです。
びっくりしたその子は理由を聞いたそうで、その理由は母親が出て行く数ヶ月前に兄貴とその子にプレゼントしていたテレビゲーム機を父親が売ろうとしたそうです。
兄貴は必死でそれを止めようとしたそうです。
何故なら母親がくれたもので形あるものはそれしか無かったからです。
母親との思い出の品だからそれだけは売らないでと泣きながら縋る兄貴を父親は容赦なく殴ってたみたいで、見兼ねたその子は止めに入ったけど大の男に勝る訳も無く結局売られてしまったそうてす。
それからは地獄の日々だったそうで、一回手を出してしまった父親は子供に手を出す事に抵抗が無くなり酒飲んじゃ暴力。
母親が出てったのはお前らのせいだ。お前らなんか産まれて来なければよかった。
などの言葉の暴力が毎日続いたそうです。
決まって殴られるのは兄貴だけだったそうです。
止めに入ったその子が突き飛ばされたりはあったそうですが決まって標的は兄貴だったそうです。
それを泣きながらその子が止めるんですが兄貴はいつも笑いながら、大丈夫だから心配すんな。
とその子に心配かけないように接してくれてたそうです。
当時のその子は拠り所は兄貴だけになってたそうです。
そんな日々が続いたある日
学校からその子が帰るといつも父親が酒を飲んでる部屋に父親の姿が無かったそうです。
次の日の朝父親はいつもの部屋で寝てたそうで、そんな日がポツポツ出てきたそうです
するとある日父親が女性を連れて兄貴とその子の家に来たそうです。
新しいお母さんだよと。
戸惑うその子と兄貴に父親が頭を下げて来たそうです。
話を聞くとその人が父親にきつく言ったらしくちゃんとけじめつけないと一緒に居られないみたいな事言ってくれたみたいで。
その人はとても良い人で父親も昔の父親に戻ってそれからは暴力などは無くなったそうです。

ですがそれはその子が中1兄貴は中3の時だったそうです。
程なくして父親とその人は再婚し高校生になった兄貴は家を出る事になりその子もそれにくっ付いて行きそれからは平穏に兄貴と暮したそうです。

そんな過去のあるその子はやはりトラウマになってるんでしょうね、成人してからも酒は一切飲みません。
酒の席にも来ないし、酔っ払って会いに行くと会ってくれません。
ある時酔っ払って僕が会いに行ったんですが門前払いされました。
カチンときた僕はとりあえず出て来て話そう。
としつこくしつこくその子を連れ出そうとしました。
するとその子は泣きながら家から出て来て
本当ごめん本当やめて
と泣き崩れてしまいました。
その時にその子の過去を知りました。
完全にトラウマになってるなと思いその日は帰りました。

後日その子の現状が気になったので会いに行きました。もちろんシラフで。
なんでしょうね。
下手に出るって言うか人の顔色伺って話をするんですね。
ちょっとの動作でもビクってなるんですよ。
本心で話をしたいと言ってもその子はこれが本心で だと言い張るんですよ。でも明らかに言いたい事言って無いなってのが分かるんですよね。

俺はお前の父親じゃないからそんなにビクビクすんなよ。
って言うんですけど
その子も頭では分かってるけど身体が反応してしまう。
言いたい事も頭では分かってるけど声に出せない。
みたいな感じの事言うんですよ。
気持ちは分かります。
助けてあげたいから俺も言うんですけどやはり身体に染み付くトラウマってそう簡単には振り切れないそうです。

皆さんの周りにはこう言った過去を、今まで受けてきた苦痛から解放されて無い人は居ませんか?
抱え込んでる人は居ませんか?
その人は一人で苦しんでます。
分かってるんです頭では。
身体が動かないんです。
助けて欲しいんです。
でもどーすれば良いのか自分が一番わからないんです。
現状が変わった今でも苦しんでます。
どうか見捨てないであげて下さい。
必ず助けてあげる方法はあるんです。
寄り添ってあげて下さい。
イライラしないであげて下さい
一言もう頑張らなくていいんだよ。と。
その一言でとても楽になります。
時間はかかると思いますが助けてあげたいと思う気持ちが本気なら最後まで付き合ってあげて下さい。
途中で投げ出さないで下さい。
それは新しいトラウマに繋がってしまいますので…

そして家族を持ってる皆さん。
子供にそんな思いさせないでください。

どうかお願いします。

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き!