アダルトチルドレンと親について

今日はアダルトチルドレンと親と言うテーマでお話をさせていただきます。2つと言うのはアダルトチルドレンに育ててしまった親、もう一つはあなたの子供をアダルトチルドレンに育てない様にする為の親の立場についてです。
まず最初にアダルトチルドレンについておさらいをしてみましょう。アダルトチルドレンとは年齢としては大人になった物の、社会生活において人とのコミニュケーションを取ることが苦手だったり、ちょっとした事で被害者意識が強く、自己嫌悪に陥ったり、自分の意見があってもこんな事を行ったら怒られてしまうのではないかと言う気持ちになり発言が出来ないなど、生きづらさを感じてしまう症状の事です。あくまでも症状なので精神的な病気とは違います。
この様な家庭に至るまでの経緯は当人を育てた親の教育に問題があります。一番分かり易いのが親の虐待です。これは最近特にニュースでも話題になっていますね。何日も子供にご飯を与えなかったり、毎日の様に顔や体を叩かれたり、この様は行為は親のストレス発散の何ものでもない、最悪卑劣な行為です。ですので一番大事な幼少期にこの様な行為を受けた子供達は当たり前の様に身も心もすさんで行きます。子供に残るのは体の傷だけではなく、大人は怖い物だと言う恐怖心ばかりです。また、子供を押さえつける様な教育の環境下で育ってしまった人は、自ずと本来持っている主体性を奪われ、自分は人に意見をしてはいけないんだ。人から言われた事だけをやっていれば何も言われないんだ。と、この様に人とのコミニュケーションを取らずに命令されるのを待っている人になってしまいます。
大人になっても心を閉ざしてしまう為に周りの人と共存し、一緒に仕事をして行くのも難しいですよね。ではこの様な大人にならない為にはどうやって子供を育てたら良いのか?理想の親とは?と言う話に移って行きますが、実は心がけ一つで決して難しい事ではないのです。親ですので子供が悪い事をした時にその子の事を思って本気で怒る事もあるかと思います。場合によっては手を出してしまう事もあるかも知れません。でも大切な事は怒った後には必ずフォローをする事です。なぜ怒ったかをきちんと説明し、理解をさせ、その後に仲直りをして最後には必ずギュっと抱きしめてあげる事です。この後のフォローがあるとないとの差がアダルトチルドレンを作ってしまうかどうかの瀬戸際と言っても過言ではありません。もしも怒りっぱなしであればその子には怒られた記憶しか残りませんが、フォローがあれば怒られたけど最後には優しく抱きしめてくれたと言う思い出も残ります。この親の愛情が明暗を分けますので必ず怒った後にはフォローを忘れない様にして下さい。きちんと親の愛情を受けて育った子供であれば大人になっても人を思いやれる大人にもなれます。そして周りにアダルトチルドレンの症状の人がいたら、人の温かみを伝えられる事が出来るはずです。
26年間、アダルトチルドレンで苦しんだ男によるアダルトチルドレン専用・トラウマ除去プログラムすべての原因は「親」プロに頼む必要はゼロ。精神科医やセラピストも知らない、人間の原始的な心理に基づいた『ある方法』を5分間行うことで生きづらさをとり除き、アダルトチルドレンから回復する方法です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)