アダルトチルドレン克服

アダルトチルドレンは機能不全家族の元で「感情的虐待」などを受け育ったことによって、成人しても内心的なトラウマを持つといった考え方

アダルトチルドレンと親

本当の自分を感じるためには?
「効果も実証された方法をお試し下さい」

そもそも、アダルトチルドレンの人は親から何らかの抑圧を受けて成長しているんです。
実際のところ、子供を私物化している親というものは案外、多いですから。
ただ、子供だってれっきとした意思のある人間なんです。
その点を認めない限り、アダルトチルドレンは増殖していくと思います。
確かに血がつながっているから似てるのは当たり前です。
似ているから自分と同じというのは間違いです。
なので、子供に自分の人生を押し付けないでほしいものです。
私がいなくてはこの子が駄目になる、こういった考えも間違いです。
案外、親がいなくても子供は成長していくものです。
だからといって、それはある程度の年齢になってからです。
小さい子は自分で何もかもできるわけではありません。
なので、親が手助けをするのは当たり前なんですが。
でも、一定の期間を過ぎたら子供の自立を促しましょう。
それでも、親がある程度、見ていることは当たり前なんですが。
ただ、これだけは言えるんですが。
子供は必ず、親の影響を受けるんです。
何しろ、どんな親であれ一番、身近にいるのは親ですから。
そして、大人になりきれなかった子供、アダルトチルドレン。
こういう人を作ってしまうのも親の影響によるものなんです。
子に対する過剰な愛情、その反対に親から何の愛も与えらなかった場合、アダルトチルドレンが誕生するんです。
結局、アダルトチルドレンになるかは親によって決まるといっても過言ではないでしょう。
だからといって人が子供を育てることは止めることはできません。
しかも、自分の子供がアダルトチルドレンになるかなんて成長しなければ分からないんです。
で、ここで疑問。
本当に子供が大人にならなくては判らないんでしょうか。
子供がアダルトチルドレンになった原因は親にもあるのではないでしょうか。
親が未熟だと子供も未熟になる、そう聞いたことがあります。
親も自分の行動を振り返ってみてはどうでしょう。
行動を振り返ることでアダルトチルドレンとも向き合えるのではないでしょうか。
さらには親がアダルトチルドレンだと子供もアダルトチルドレンになるんです。
よく考えてみたら負の連鎖なんですね。
でも、アダルトチルドレンでいるということはとても辛いことです。
もし、自分がアダルトチルドレンで苦しんでいるなら、自分の子もアダルトチルドレンになってほしくないはずです。
そこでなんとか、この連鎖から逃れなくてはいけないんです。
そのために、何をすべきか。
連鎖から解き放つ方法は自分もアダルトチルドレンだということを自覚することから始まるんです。
が、中には己自身、アダルトチルドレンだと気づかない親もいるんです。
しかも、アダルトチルドレンという言葉さえ知らない人もいるんです。
なので、じっくりとアダルトチルドレンを理解することから克服への道につながっていくのではありませんか。
そして、お互いを理解することが一番、解決の道になっていくんです。
26年間、アダルトチルドレンで苦しんだ男によるアダルトチルドレン専用・トラウマ除去プログラムすべての原因は「親」プロに頼む必要はゼロ。精神科医やセラピストも知らない、人間の原始的な心理に基づいた『ある方法』を5分間行うことで生きづらさをとり除き、アダルトチルドレンから回復する方法です。

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、生きづらさを抱え、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。

そう、自分を信じることが出来ないからですよね。僕もそうでした。だからこそわかったのです。大切なことは「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることだということが。

アダルトチルドレンを克服するということは、まず回復して、その後に「本当の自分を取り戻す」ということなのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。

催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

続きを購読

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)