アダルトチルドレンの人は認知の歪みが多くて冷静さを失うと自分を客観視出来なくなり自分の世界に入り込んでしまいやすい。アダルトチルドレンを克服するということは「認知の歪み」を修正するということなのです。

悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

アダルトチルドレンの人は認知の歪みが多くて冷静さを失うと自分を客観視出来なくなり自分の世界に入り込んでしまいやすい。アダルトチルドレンを克服するということは「認知の歪み」を修正するということなのです。

アダルトチルドレンの人は認知の歪みが多くて冷静さを失うと自分を客観視出来なくなり自分の世界に入り込んでしまいやすい。まずは客観的に自分という人間を知ることで少しずつ改善することができます。

アダルトチルドレンの人は機能不全家庭で育った人です。機能不全家庭はその名の通りで家庭として家族として機能が不全だということ。そんな機能不全な家族に囲まれた家庭で育てばよほど恵まれない限り歪んだ考え方の癖が出来てしまいやすいものです。その歪んだ考え方を「認知の歪み」と言います。

つまり、子供らしく親を無条件に信じてきたことで歪んだ考え方の癖が出来てしまい、それが生きづらさの原因になっているということです。なので、アダルトチルドレンを克服するということは「認知の歪み」を修正するということなのです。

認知の歪み

 

「認知の歪み」を修正するには、まず認知の歪みには10パターンあるのだということを知ってください。パターンを知っていれば自分の歪んだ認知に気が付きやすくなります。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】です。

こちらは、虐待のトラウマを克服した専門カウンセラー岡田ユキさんという方が制作したマニュアルで、2898人以上の被虐体験者のトラウマを解消してきた方法です。

虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

【虐待根絶マニュアル】の特徴
●なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
●自分を虐待してきた家族への対処法がわかります!
●「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
●恋愛、夫婦、親子、上司部下などすべての人間関係が改善します!
●岡田式AC判別法により、自分に合った治療法がわかります!
●セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
●「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
●自分自身への罪悪感が消えて、人生が好転します!

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)