アダルトチルドレン克服

アダルトチルドレンは機能不全家族の元で「感情的虐待」などを受け育ったことによって、成人しても内心的なトラウマを持つといった考え方

アダルトチルドレンの人の特徴として「自分に対する過剰なまでの自信のなさ」があります。

コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!
あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!
アダルトチルドレンの人の特徴として「自分に対する過剰なまでの自信のなさ」があります。

アダルトチルドレンの人の特徴として「自分に対する過剰なまでの自信のなさ」があります。また、自分自身を認めて、ありのままの自分を受け入れることが出来ません。さらに、対人関係においても自信がないため、相手の顔色を伺い相手の反応を過剰に気にする傾向があります

こうした特徴の背景にあるのは「敏感さ」や「高い感受性」です。これを悪く言う人もいますが、それはその人の思い込みです。実際に、敏感さや高い感受性を持つ「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の人もそうですが、敏感さや高い感受性によって生き延びてこれたのです。それは「素晴らしい能力」です。エレイン・N・アーロン博士はこのことを「生物の2割に備わる生存戦略」だと言われています。人間以外の生物も2割は生存戦略のために敏感な気質だそうです。

ただ、アダルトチルドレンの人は、今まではそういった能力を「生き延びるため」に使ってきた。その結果、自分と他人の境界線が曖昧で他人の影響を受けやすくなっているのです。機能不全家庭で生き延びるには敏感さや高い感受性が必要なのです。それによって自分は救われてきたのです。

機能不全家庭で生き延びるに敏感さや高い感受性が必要だったけど、他人からの悪影響も受けやすい特徴があります。そこで必要になるのが「明確な区別」です。この区別を身に付けていけば他人の悪影響を受けずに敏感さや高い感受性を能力として活用できるのです。

他人と自分を区別して、他人の苦しみや問題を背負う必要はないのです。そして、自分を大切にしていくために自分の「表現」を大切にして下さい。

自分自身で自分を否定したら、当然、自分が自分を信じてくれることはありません。自分の敏感さや高い感受性を否定してしまうのは可哀想です。現状の自分を認めて受け入れてあげることが大切です。そうすると心の中の自分は安心してくれますよ。

 

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。アダルトチルドレンの心の痛みは弱さと否定されることもありますが、そうではありません。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
こちらのマニュアルでは自分の感情を上手く表現できないことから生み出される負のループを一からやり直す作業をします。本来の自分の思考と感情をありのまま感じて「他人軸の人生」から「自分軸の人生」に変えたい方は是非、お試し下さい。

続きを購読

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)