アダルトチルドレン克服

アダルトチルドレンは機能不全家族の元で「感情的虐待」などを受け育ったことによって、成人しても内心的なトラウマを持つといった考え方

自分を認め、許し、癒す。日々を苦しむアダルトチルドレンに必要な「理解」とは

コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!
あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!

アダルトチルドレンからの回復に必要な事があります。それは「理解」です。何故なら「理解=癒し」だからです。

引用元:アダルトチルドレンを生み出す機能不全家族!回復には理解!「幸せになる為に生きていいんだよ!」と自分で自分に言ってあげて下さい。

アダルトチルドレンとは、何らかの理由を持つ機能不全家庭で育つ中、幼少期に受けた心の傷が成人になっても影響を及ぼしている人のことを指します。
生まれてきた子供にとって、親が与えるものが世界の全てであり、それが良いものであっても悪いものであっても、子供自身の力では拒否することは難しいものです。

アダルトチルドレンは自身に与えられた厳しい世界を生き抜くために戦った、誰もが勇敢な人達です。
ただ、自身がアダルトチルドレンであることを気付かずに生きている人も多いのです。

アダルトチルドレンの人は幼少期のトラウマを抱えるがゆえにほとんどの人が自尊心が過度に低く、対人スキル等に問題を抱えていることが多いです。
成人し社会に出て、人と関わってみて…そこで感じる形容し難い生きにくさや違和感が、アダルトチルドレンの人を苦しめます。

他の人と自分を比較して、自身に価値の無さを感じる。
無理をして笑っていなければ、頑張らなければ見捨てられてしまうと恐怖を感じる。
自分を見ないで欲しい、人と関わりたくない。
そんな思いを持ったことがありませんか?
それは貴方自身の過去が、貴方に助けを求めているのかも知れません。

上の引用文にある「理解」とは、過去に自身の心が何かよって傷付き、今もその傷は治ることなく貴方を苦しめているということを正しく知るということ。
これこそがアダルトチルドレンの人にとって必要なことであり、それと同時にとてもとても難しいことなのです。

アダルトチルドレンの人は、心の傷を見て見ぬふりをして生きることを余儀なくされてきた人です。
子供にとって「親から無条件に愛される」「周囲の人間に受け入れられる」ということは心の生育に必要不可欠な栄養のようなものであり、通常それは惜しみなく与えられるはずのもの。
それを充分に得られない子供は、何とかして自分の存在を受け入れてもらうための努力をします。
常におどけて家族の顔色を窺ってみたり、我が儘を言わない優等生を必死に演じたり、あるいは存在感を極力出さないよう息を殺して生活したり…そのどれもが生きるため必要に迫られての努力であり、本来の自分ではないのです。
その努力はありのままの自分では生きていくことが許されないという自身を傷付け続けていきます。

貴方の中に、子供時代の幼い貴方がいませんか?
過去の貴方は心から笑っていますか?
もし暗い顔をして涙を浮かべているのなら、今の貴方がその子を受け入れてあげましょう。
「よく頑張ったね」
「ずっと辛かったね」
「無理しなくていいんだよ」
と、優しい言葉をかけてあげてください。

しかし過去の自分と向かい合う時、こう思う人もいるはずです。
「私は虐待らしい虐待は受けてこなかった。衣食住に困ることなく、親から愛情をもらって育ってきたと思う。それなのに、私の過去はどうしてこんなに傷付いているのだろう…」
こういう人は、恵まれた環境に対して勝手に傷付いた自分自身をさらに責める傾向にあります。
それはほとんどの場合、認識が誤っているのです。
目に見えて分かりやすい虐待や育児放棄だけが子供にとって悪い環境ではないのです。

最近耳にするようになってきた言葉に「優しい虐待」というものがあります。
子供の保護者が良かれと思い、本来子供が自分ですべきことや物事を選ぶ自由を取り上げて代わりに全てを行ってしまうような環境を指す言葉なのですが、これもまたアダルトチルドレンを生み出す要因のひとつなのです。
「貴方のためを思っているから」という理由で押し付けられる自由の剥奪に、抵抗できる子供は多くありません。
自分は愛情を受けている、ならばその愛情に応えなければならない…その思いが子供の心を殺し、与えられた愛情の裏で望まれている理想の姿に少しでも近づくように無理を重ねてしまうのです。

そうして表面上に目立った問題もなく成人し、社会の中でひとりの大人として生活を始めた時、初めてアダルトチルドレンの問題は浮き彫りになってくるのです。
保護を受け育てられる環境から、ひとりで生きていく環境に切り替わることで、今まで必要に迫られ積み重ねてきた努力は不要になり、あるいは周囲に通用しなくなります。
仕事や家庭において、具体的に原因は分からないけれどうまくいかない。
今までの努力は何だったのか、これまでの人生は無駄だったのか、どうして今うまくいかないのか…全ては自分が悪いからなのか?
アダルトチルドレンの苦しみははっきりとした形を持たず、しかし絡み付くように自身を責め苛むのです。

思い当たる節がある方にも、自分はそうではないと思う方にも、お伝えしたいことはひとつです。
貴方自身を認めてあげてください。
先の引用文を再び持ち出しますが、アダルトチルドレンの人に必要なのは「理解」です。
いちばん大切なことは、過去貴方が置かれていて環境が周囲と比較して恵まれていたのか否かではなく、子供の頃の貴方の心が長期に渡って傷付いていたという事実なのです。
傷付いた事実を責める必要はありません。
傷付いた心は当時痛かったし、今も痛いのです。
そういう自分が心の中に居て、今の貴方自身に助けを求めているということを「理解」して、向かい合ってみましょう。
自分は本当はどうありたかったのか?
自分は本当はどんなものが好きなのか?
当時許されなかった願いに耳を傾け、否定せずありのままの自分を認めてあげること。
それこそが、アダルトチルドレンが自身を癒すために最も必要とする「理解」なのです。

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。アダルトチルドレンの心の痛みは弱さと否定されることもありますが、そうではありません。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
こちらのマニュアルでは自分の感情を上手く表現できないことから生み出される負のループを一からやり直す作業をします。本来の自分の思考と感情をありのまま感じて「他人軸の人生」から「自分軸の人生」に変えたい方は是非、お試し下さい。

続きを購読