アダルトチルドレン克服

アダルトチルドレンは機能不全家族の元で「感情的虐待」などを受け育ったことによって、成人しても内心的なトラウマを持つといった考え方

未分類

Category
アダルトチルドレンの人は、他人と自分が違うように感じます。自分が異物のように感じ、孤独で自分には居場所がなく、その気持ちを誰にもわかってもらえずに苦しんでいたりします。
アダルトチルドレンの人は他の人の助けを得るのが下手です。助けを求めて裏切られてきたことが傷になると、また傷つきたくないという強い思いから他の人の助けを得ることをしないようになりやすいのです。そうなって当然ですよね。それで傷ついてきたのです。
アダルトチルドレンの人は異常なことを正常だと思っていたり、正常なことを異常だと思っていたりすることがあります。それらは過去に鵜呑みにしてきた価値観だと思います。鵜呑みにした価値観を噛み砕いて本当にそうなのか「確認」を大事にしてみて下さい。
アダルトチルドレンの人は人に対して過剰に忠実な場合があります。忠実をやめて自分が嫌いなら堂々と嫌っていいんだと思う事も大事です。人は人を嫌う権利があります。嫌いだと思うなら自分の感情を大切にして離れましょう。自分を疲れさせる必要はありません。
アダルトチルドレンの人は白黒思考で白黒はっきりさせようとする傾向があります。背後にはハッキリさせないといけない恐怖などがある場合もあります。戦争経験者には白黒思考が多いのは白黒ハッキリしないと命にかかわることもあったからでしょう。その連鎖の影響で受け継いだ考えかもしれません。
アダルトチルドレンの人は他人と親密な関係を築くことが難しいと言われます。その背景には「親密な関係を築くことに対する恐怖」があるかもしれません。親密な関係になったら騙されるとか裏切られるとか…。恐怖を乗り越えるには恐怖を直視して、自分の対処能力を上げる必要もあります。
自分で自分の細かい所を批判していませんか?僅かなズレや失敗をする自分をダメだと思わなくてもいいのです。誰にでも失敗はあります。自分に対して優しくなれば心も軽くなってきます。あなたを批判して裁いた人が正しいわけではありません。
アダルトチルドレンの人は、自分に自信が持てず、自分はダメな人だと思う傾向が強いです。それは、そうなるであろう環境で育ってきたことも原因でしょう。これからは自分を信じて自分は出来るんだ!と強く思っても良いのです。自分の心を自分で決めて良いのです。
悪い世代間連鎖を乗り越えて行く事は本当に苦しく大変な道だと思います。そして人や環境を変えるのではなく自分を変えていく事で悪い世代間連鎖を乗り越えていけます。その為に出来ることの1つは学んでいく事です。たくさんの「気づき」を増やすことが大切です。